A-mono ブログ

A-mono(ええもの):管理人が気に入ったものについて書くブログです。

今週のお題 選んで良かったもの第一位は絶対にベッド。

http://www.flickr.com/photos/26098878@N06/6275844015
photo by MAZZALIARMADI.IT

今週のお題「選んでよかったもの」

今回のええもの紹介は、私が今までに購入して最も良かったと思っているもの、それはベッド(マットレス)です。

ベッドと言っても、ベッドフレームとマットレスの組み合わせになりますが、ここでお勧めしたいのは“体に合ったマットレスを購入する”という事です。フレームは何でも良いと思います。

私が今のベッド(マットレス)を購入して約10年になりますが今も全く問題なく使えています。

良いマットレスで眠ると、本当に疲れが取れますし、眠ることが楽しみになります。

ではご紹介します。

人は人生の3分の1をベッドで過ごす。

これは有名な宣伝文句なのですが、8時間睡眠で計算すると人生の3分の1は睡眠時間ということになります。

例えば10万円のマットレスは高い?

10万円のマットレスは高いでしょうか?

例えば10万円のマットレスを購入した場合、私は今のマットレスを約10年使っていますので日割り単価は以下のようになります。

100,000÷10(年)÷365(日)=27.39円

大雑把な計算で申し訳ないですが毎日30円以下で快適に睡眠できるということになります。

仮に半分の5年で壊れたとしても毎日60円になります。

充分な睡眠は、自分の健康をも守ってくれます。

皆さんはどうお考えでしょうか?

睡眠は三大欲求の一つ

眠ることが人間の三大欲求のうちの1つだという事をご存知でしょうか?

以下引用です。

睡眠欲(すいみんよく)とは、眠気として感じられる睡眠に対する欲求である。食欲・性欲と並ぶ人間の三大欲求の一つとされる。
睡眠欲にどこまで抵抗出来るかは、断眠実験によって調べられている。自発的に眠らずにいられるのは、2週間前後が限界であるようで、その後2 - 3日熟睡した上で、健康を回復するという。2007年5月25日にイギリス人の42歳の男性が、Webカメラでのインターネット中継の下で266時間(11日間と2時間)に成功したのがこれまでの最長記録である。なお、ギネス記録に不眠記録が掲載されていた頃もあったが、現在では不眠限界への挑戦は挑戦者自身に危険を伴うものであるとして、当該項目は削除されている。
数日間睡眠を奪われると、脳の高次機能に障害が発生し、妄想や幻覚などが現れる。さらに、身体的にも体重減少、免疫力の低下などの異常がみられる。これ以上の影響については人間では(人道的な見地から)殆ど研究されていないが、ネズミを使った実験によると2 - 3週間の断眠で死に至ることが報告されている。

ウィキペディアの執筆者,2012,「睡眠欲」『ウィキペディア日本語版』,(2014年7月12日取得,http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%AC%B2&oldid=43403570

良いベッドが必要なのは、トップアスリートだけじゃない。

プロ野球選手や、オリンピック選手など、多くのアスリート達が有名ブランドのベッドを使用しているそうです。

アスリートは身体が資本。睡眠は大切です。でもどんな人でも身体が資本。アスリートと同じです。

ホテルのベッドより我が家のベッド

良いマットレスを購入すると、有名ホテルのベッドよりも我が家のベッドの方が寝心地が良い、という逆転現象が起きます。

良いマットレスの選び方

良いマットレス、それは人それぞれです。硬めが好きな人、柔らかめが好きな人、それに体重によってもベッドのスプリングの沈み方が変わってきます。自分の体に合っている、寝転んでみて気持ちいいマットレスがあなたにとって良いマットレスです。
ぜひ最初は実際に店舗で寝心地を試してみて下さい。
そしてできれば少し大きめのサイズをおすすめします。大の字で寝られる大きさがおすすめです。

こちらのサイトにマットレスの種類などの解説があります。

意外と知らないベッドの正しい選び方 - NAVER まとめ意外と知らないベッドの正しい選び方 - NAVER まとめ


おすすめのマットレス

シモンズ(公式サイト

ポケットコイルマットレスを初めて使用したメーカーとの事です。我が家はここのベッドを使用しています。
決め手は柔らかさ加減が気に入ったのと、価格がそれ程高価でないという事でした。

キングスダウン(海外サイト

国内ではIDC大塚家具で取扱いがあるようです。私には少し柔らかすぎるかなという印象でした。

家具・インテリアのショールーム IDC大塚家具家具・インテリアのショールーム IDC大塚家具

最後に

いかがだったでしょうか?

良いベッドを購入することは本当におすすめですよ。

少しでも皆さんの参考となれば幸いです。